松山東雲女子大学・松山東雲短期大学
学科・専攻ブログ

食物栄養学科2年生“しののめベジガール” 改め、“しののめ魚魚っとガール”が愛媛新聞2022年1月9日付朝刊に掲載されました!

1月9日(日)、食物栄養学科2年生“しののめ魚魚っとガール”のデビュー活動について、愛媛新聞に掲載していただきました。

2017年より“しののめベジガール”として、愛媛県民の食生活課題改善に取り組んできた彼女たちも、5代目。昨年より「コロナ禍で消費が落ち込んだ養殖真鯛をみんなに食べてもらいたい!」との思いから、商品開発やレシピ開発に取り組んでいます。

これに加えて、今年度は、料亭など飲食店向けに流通する高級魚のマハタ・キジハタですが、やはりコロナ禍の影響を受けて流通が激減していることより、「マハタ・キジハタをもっと身近なお魚にしたい!」ということで、レシピ開発に取り組んでいます。

こうした「水産王国えひめ」のお魚たちをPRすべく、今度はお魚の帽子をかぶり、“しののめ魚魚(ぎょぎょ)っとガール”として活動することになりました。

今後は、あるときは“ベジガール”あるときは“魚魚っとガール”として、活動をしていきます!応援をお願いいたします!!!