松山東雲女子大学・松山東雲短期大学
学科・専攻ブログ

基礎化学実験をしています

食品成分や実験技術の基礎について学ぶ「食品学基礎実験」では、
対面実験を行っています。

先日は、中和滴定を行うための、試薬調製をおこないました。

中和滴定は、酸濃度を測定するための、測定方法です。

その準備のために、シュウ酸溶液やアルカリ溶液などを調製しました。

化学の勉強が苦手な学生さんもいますが、
基礎からじっくりゆっくり学んでいき、
2年生になると、食品成分を分析する実験等へ発展します。

調理実習とはちがう実験操作に、緊張した様子でしたが
みなさんとても上手にできました!