松山東雲女子大学・松山東雲短期大学
学科・専攻ブログ

おぼろ豆腐を作りました!

食材の加工原理について学ぶ実習「食べ物と調理」では。
先日、豆腐の加工原理を学ぶため、おぼろ豆腐を作りました!

おぼろ豆腐は、固まる前のやわらかい豆腐、つまり「豆腐の赤ちゃん」です。

豆乳に、2種類の凝固剤を加えて比べてみました。

・ニガリ
・酸(グルコノデルタラクトン)

実習の写真を撮影していると、社会人学生さんが、
「おぼろ豆腐できました!」のポーズを取ってくれました。

食物栄養学科では、社会人の学び直しを応援しており、
1学年に10名ほどの社会人学生さんが学んでいます。

2年間で国家資格「栄養士」を取得できるのは、とても魅力的ですよね!

食と健康は一生のテーマ。
社会での経験も活かして、食のプロとして、新たなキャリアを拓いていってください!