松山東雲女子大学・松山東雲短期大学
学科・専攻ブログ

食物栄養学科2年生しののめベジガール 中国四国農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」として選定されたました!

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」は、「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現のため、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化や所得向上に取り組んでいる優良な事例を選定し、全国へ発信する取組です。

食物栄養学科2年生の亀岡・田中ゼミの学生で構成される「しののめベジガール」は、2016年より愛媛県や愛媛県包括連携協定企業等と連携して、県民の野菜・朝食摂取向上の啓発活動に取り組んでおります。

この度、中国四国農政局管内144件の応募の中から、13地区および2名が中国四国農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」に選定され、このうちの一つとして、「しののめベジガール」が選定されました。(2020年11月5日)

今後選定地区は、中国四国農政局HPでの広報ほかで広く発信されることとなります。

詳細は、下記中国四国農政局HPにてご確認くださいませ。

https://www.maff.go.jp/chushi/press/shinko/201105.html