松山東雲女子大学・松山東雲短期大学
学科・専攻ブログ

食物栄養学科2年生しののめベジガール 大洲市食育講演会で活動!

10月24日(土)、食物栄養学科2年生しののめベジガールが、大洲市総合福祉センターで行われた食育講演会(テーマ:「野菜で“からだ革命”withしののめベジガール」)に参加してきました。今年はコロナウイルスの影響で様々なイベントがキャンセルになり、4代目しののめベジガールとしては、今年初めてのイベントでした。

開演前は、ロビーにて、オリジナルスムージーの試飲や、しののめベジガール考案の「麦麦ごはん」の試食、手をかざすと推定野菜摂取量がわかるベジチェックコーナーにわかれて、野菜摂取向上にむけた啓発活動を実施しました。

開演後、最初の30分はしののめベジガールのステージ発表です。まず、野菜クイズに始まり、オリジナルスムージー(媛ちゃんすっきりスムージー・かぼちゃdeトロトロスムージー)の作り方説明、食物繊維不足解消を目指す麦麦ごはん大作戦の3部構成で会場のみなさんと盛り上がりました。

今回から野菜帽子だけではなく、野菜ワッペンをつけたおそろいのエプロンができて、終了後のアンケートでは、沢山のベジガールに対するお褒めの言葉を沢山いただき、初ステージのベジガールはとても感激しました!

そして、ベジガールのステージ発表に続いては、今日の本命、ベジガールの指導者の1人田中洋子先生の講演が行われました。来場者からも、とてもわかりやすかったと好評の内容で、ベジガールも会場の皆さまと一緒に勉強しました。

この食育講演会をきっかけに、野菜の食べ方や大切さを知っていただき、「レシピを実際に作りたい!」、「350g食べるようにします!」などのコメントが多かったので、栄養士の卵としてはとてもうれしかったです。

準備も大変でしたが、栄養教育の意義が学べた貴重な1日でした。会場には中学生や高校生も来てくれていたので、私達の活動を受け継いでくれるようになってもらえると嬉しいです。

お待ちしていますね~♪

↓開演前のスムージー試飲コーナー↓麦麦ごはんコーナー↓ベジチェックコーナー

↓開演後野菜クイズ    ↓媛ちゃんすっきりスムージー↓かぼちゃでトロトロスムージー

↓麦麦ごはん大作戦    ↓新しいエプロンとベジワッペン↓ベジワッペンたち